相続手続

相続放棄と死亡退職金

会社にお勤めの方に、相続が起こった場合、会社から未払いの給与や退職金が支給されることがあります。

相続放棄を検討されている場合、これらを受け取っても、大丈夫でしょうか?

このようなケースでも、生命保険のケースと同様に、どのような契約、決まりごとによって支払われるお金であるかが判断の元になります。

死亡退職金

会社の規模などによってさまざまですが、死亡後の給与や死亡退職金は、就業規則等によってその支給の金額などが定められています。

死亡退職金については、遺族へ支給する。との規定が多いと思われます。
つまり、弔慰金です。

これは、公務員の給与規定を定めた法律に準じた規定とすれば問題が起こりにくいからだと考えられます。

支給する会社側の立場で考えて見ればわかりやすい結論です。

給与規定で、遺族に支給する、それも配偶者に何パーセント、子供に何パーセントなどと具体的に規定しておけば、規定の相手方に、規定通り支払うことで、相続のトラブルに巻き込まれることを防ぐことができます。

死亡後の給与

給与については、税務上、故人への支払いとして源泉などの処理がされます。
したがって、相続放棄を検討されているケースでは、受け取ることには問題があります。

死亡退職金・死亡後の給与のまとめ

死亡退職金は相続財産に含まれないことが一般的。
死亡後の給与は相続財産に含まれることが一般的。

もちろん、実際に受け取る際には、きちんと給与規定、就業規則から、相続財産に含まれないことを確認することが重要です。

相続対策・相続後の手続のことなら

mail320

Return Top