ブログ

神戸 女児行方不明事件

神戸市内の事件ですので、関心を持っていたところ、最悪の結果となったようです。御冥福をお祈りします。

ところで、今朝方、東京「03」からの電話がありました。

「※※テレビの○○・・・・・・・・」

依頼の内容は、「神戸市長田区天神町○丁目○ー×」の登記事項証明書を取得して欲しいとのこと。

ひと昔前までは、登記事項証明書を取得するには、管轄の法務局へ申請する必要がありましたが、現在はどこの法務局でも取得できます。

「おかしな依頼だな?」と思い、その旨説明していると、ピンときました。

タイトルの事件の関連です。

その後、正午ぐらいに被疑者に関する情報が報道されていましたが、まさに、被疑者の自宅の登記事項の調査でした。

やはり、テレビ局にはリークされるものなのですね。

閉鎖謄本は管轄法務局で

ちなみに、上の説明の補足です。

登記事項証明書には、現在事項・閉鎖事項などの証明書があり、現在事項証明書は、全国の法務局で取得可能です。

しかし、閉鎖事項証明書は、当該管轄法務局でしか取得出来ません。

修行中に勤めていた事務所は、法務局のすぐそばだったので、よく閉鎖謄本の取得の依頼がありました。

ちなみのちなみですが、兵庫県の場合、商業・会社の登記事務が、神戸本局に集約されています。

集約されてすぐのころ、姫路にあった会社の登記事項を調べる必要が生じたことがあり、新快速に乗って約1時間かけて、姫路の法務局へ。

閉鎖謄本取得の申請書を窓口へ提出。待つこと1分。

「これ、神戸の本局で申請して下さい」でした。

閉鎖事項もすべて神戸本局に集約されていたのですね。

Return Top