相続放棄

相続放棄の範囲・直系尊属

最近、頂いたご相談から。

相続手続では、誰が相続人になるのか?つまり、相続人・相続順位の理解が必要です。

一般的には、配偶者は常に相続人で、配偶者と次の順番で相続人になると、説明されます。

  1. 直系卑属(親・祖父母)
  2. 直系尊属(子・孫)
  3. 兄弟姉妹

ただ、この「よくある説明」では分かりにくい部分、直系尊属の範囲について解説してみます。
今回のご相談が相続放棄についてでしたので、相続放棄の場面に沿って説明します。

ごく普通の相続のケース

普通の親子
右の図のような親子で、お父さんが亡くなった場合には、奥さんとお子様2名が相続人になります。

この場合には、お父さんに親(第2順位相続人)がいても、親が相続人になることはありません。

しかし、お子様が相続放棄をした場合には、お父さん(被相続人)の親が、相続人となります。

(イラストでは、お子様が未成年なので、さまざまな問題が生じますが、ここでは割愛させて頂きます。)

第2順位・直系尊属が相続人

第2順位の相続人が繰り上がる
第1順位の相続人であるお子様が相続放棄をすると、第2順位である被相続人の両親が相続人になります。

ちなみにこの場合、奥さんである配偶者の方が相続放棄をしても、しなくても、先順位であるお子様が相続放棄をすると、次順位である、両親が相続人になるのです。

ここまでは、最初に説明した「よくある解説」の範囲です。

ここで、両親が相続放棄をした場合には、どうなるのでしょうか?

第2順位は直系尊属

ここで、被相続人の両親が相続放棄をしても、その他に第2順位の相続人、直系尊属がご健在であれば、相続人になります。

第3順位である被相続人の兄弟姉妹は、直系尊属(両親・祖父母等)がご健在である以上、それらの方が相続放棄をしない限り、相続人になることはないのです。
直系尊属は遡る

直系尊属として順位が同じでも世代が違う場合

上のイラストのケースでは、被相続人の祖父母全員がご健在で、直系尊属として相続人になると説明しました。
上のケースでは直系尊属の方々の世代が同じ場合です。

では、直系尊属として相続順位が同じでも世代が違う場合はどうなるのかといえば、
直系尊属の中では近いもの

より被相続人に親等(世代)の近いものが相続人になると、遠い世代の直系尊属が相続人になることはありません。

イラストのように、母親が相続人になった場合、それより上の世代の直系尊属は相続人になりません。また、このようなケースでは、父方、母方を別個に考える必要はなく、父方の祖父母も相続人にはならないのです。

実例としては、あまり無いケースですが、若い世代の方にご不幸があった際には、このようなことが起こり得ます。
さらに、離婚や養子などが絡むケースでは、相続人の範囲を勘違いされたご相談がありますので、解説させていただきました。

URL
TBURL
Return Top