相続放棄

相続放棄 | 賃貸住宅はどうしたらいい?

相続放棄のお話です。

相続放棄の相談で、やっかいな問題が、亡くなった方が賃貸住宅におひとりでお住まいだったケースです。

住宅に残された家財道具はどうする?家賃はどうしたらいいの?などなど、対応に苦慮することがあります。

まず、被相続人が死亡したとしても、賃貸契約は死亡によって自動的に終了するものではありません。
大家さんとしては、一刻も早く、その部屋を明け渡してもらって、次の方に貸したいのです。

相続放棄でダメな行為

相続人の方が、亡くなった方の財産を使ってしまうと、相続を認めたことになってしまいます。ですから、相続放棄をする場合には、被相続人の財産を使ってはいけません。

ところで、相続放棄が認められない単純承認事由として、法律上は以下のように定められていますので、

相続人が相続財産の全部、または一部を処分したとき。ただし、保存行為、および短期賃貸(民法602条)をすることは、この限りでない。

相続放棄を検討している相続人としては、保存行為以外はしてはいけないことになります。

詳しくは、相続放棄するならこれはしてはいけません!

賃貸借契約の解除

では、被相続人が賃借していた物件の契約の解除はといえば、法律上「管理行為」に該当します。つまりセーフである「保存行為」の範囲を超えてしまうのです。

ですので、相続放棄を検討されている場合には、大家さんとの賃貸契約の解除には応じられない、との結論になります。

法律上の結論はさておき、道義的な責任で、何とかならないか?との相談も頂くのですが、法律上の手続である「相続放棄」を選択される場合には、法律上の結論を重視して頂くことになります。

それ以上のことは「自己責任」で対応していただくよりありません。

家財道具、日用品等の処分

こちらは、実際に部屋にのこされたものの処分の問題。
部屋の中にどのようなものがあるのかは、被相続人の生活状況によりますが、被相続人がのこしたすべてのものが、まったく価値のないものと、決め付けることは出来ません。

したがって、形見分けは別として、やはり、家財道具等の処分を行うことは、相続放棄のルールを破ってしまうことにならないとは言えないのです。

こちらも、相続人ご自身の安全のためには、「関らない」との結論になってしまいます。

ご迷惑をお掛けしてしまいます

冷徹な言い方をしてしまうと、相続放棄をする以上、誰かに迷惑を掛けてしまうのは致し方ないのです。

見知らぬ金貸しに迷惑をかけるのはオッケーで、顔見知りの大家さんには迷惑をかけたくないっていうのは矛盾です。

私自身、立場を離れて一個人としては、迷惑をかける方を最小限にしたいとの心情はよくよく理解できます。
ただ、相続放棄の効果をなくしてしまいかねない行為については、立場上、賛成・同意はできないこともご理解下さい!

その後のよもやま話

相続放棄事件について、私自身の関与は、相続放棄に関する書面の作成で完結しますが、実際にはどのようになっていくのでしょうか?あくまで推測の域をでませんが、このような結末かと想像します。以下、あくまで想像です。

このような賃貸借契約の賃借人が死亡し、相続人全員が相続放棄をした場合、大家さんとしては、連帯保証人に責任追及の矛先を向けるようです。

賃貸借契約それに付随する連帯保証契約の内容にもよりますが、一般的なケースでは、連帯保証人には、賃貸借契約を解除する権限はないことが多いと思われます。また、残置物の処分の権限もないことが多いと思われます。

そうすると、契約が解除されない限り、未納の賃料・家賃はどんどん膨れ上がっていく事になってしまいます。

本来(法律上の手続で)は、相続人全員が相続放棄し、相続人がいなくなった場合には、相続財産管理人の選任を家庭裁判所に対して求め、相続財産管理人が、その後の法律上の処理を行うのが筋なのですが、相続財産管理人の選任にも数十万円の予納金(費用)が必要となるため、このようなケースでは、実際あまり利用されていないものと思います。

おそらく、大家さんと連帯保証人の間での話し合いにより、(法律的には正しくないかもしれない方法で)ものごとを進め、解決されているのだろうと思います。

もちろん、このような解決方法では、別の債権者が登場した場合のリスクなどが生じてしまいますが、現実的には仕方がないか・・・とも思われます。

Return Top