成年後見

後見人の仕事

成年後見人は、どんなことをしてくれるの?

成年後見人の仕事として、大きく2つに分けると、財産管理業務身上監護業務があります。

ご本人の生活面でのサポートに関する仕事、それを身上監護業務・療養看護業務と呼んでいます。

身上監護業務

「身上監護」「療養看護」 あまり耳にしない言葉ですが、身上監護業務として後見人は次のようなサポートを行います。

身上監護業務の具体例

  • 施設の入退所契約・施設での処遇の監視
  • ヘルパー・訪問看護・デイサービス等の介護サービスの申込み手続等
  • 入退院など医療に関する手続
  • 介護認定や障害者認定の申請手続

実際の日常生活上の事実行為については、親族の方や施設の方々が中心となって、ご本人を支えて頂くことになりますが、

日常の暮らしの中で必要となる手続・契約等を行うことも後見人の重要な仕事です。

財産管理業務

成年後見人に就任すると、ご本人の財産を管理する立場になります。
財産管理業務として、成年後見人は次のような仕事をします。

日常的な財産管理業務
収入の管理
年金・恩給・還付金などの受取り
投資信託の受け取り
支出の管理
生活費(施設利用料や水光熱費・医療費など)の支払い

日常的な財産管理業務としては、ご本人に代わって預貯金や現金を管理します。

ご本人の希望を尊重しながら、収支のバランスを考え、安心な暮らしを継続して頂けるよう、財産を管理していきます。

特別な財産管理業務

日常的な支出や収入に関する財産管理業務以外にも、不動産の処分・売却が必要な場合や、保険金の請求などの財産管理業務を行います。

実際には、これら特別な財産管理業務に含まれる、重要な財産契約を目的とした成年後見申立てがなされるケースが多いようです。

後見申立てのきっかけとなる代表的なケース

  • 不動産の処分・売却
  • 遺産の分割協議
  • 保険金の請求
  • 裁判の提起・示談交渉等
身近なトラブルに関するご相談は

mail320

Return Top