相続放棄のここが知りたい!

自己破産

相続放棄と自己破産

相続放棄で、被相続人が滞納していた税金の支払い義務を免れることができるでしょうか? 相続放棄は、税金に対しても有効です。相続放棄の効果は、絶対効であり、非常に強力です。 同じように借金などの支払い義務を免れるものとして、破産制度がありますが、破産では税金の支払い義務を免れることは出来ません。 破産と相続放棄で勘違いされ…
相続放棄でしてはいけないこと

相続放棄 | してはいけないこと!

相続放棄は、裁判所への申立てによって、その効果が発生します。 しかし、 相続放棄を申し立てようと思っている場合 すでに相続放棄を申し立てた場合 でも、次のようなことをしてしまうと、自動的に相続を認めたことになってしまいます。 つまり、相続放棄ができない・相続放棄の効果がなくなってしまうのです。 これらのことを法定単純承…
死亡退職金

相続放棄と死亡退職金

会社にお勤めの方に、相続が起こった場合、会社から未払いの給与や退職金が支給されることがあります。 相続放棄を検討されている場合、これらを受け取っても、大丈夫でしょうか? このようなケースでも、生命保険のケースと同様に、どのような契約、決まりごとによって支払われるお金であるかが判断の元になります。 死亡退職金 会社の規模…
賃貸マンション

相続放棄 | 賃貸住宅はどうしたらいい?

相続放棄の相談で、やっかいな問題が、亡くなった方が賃貸住宅におひとりでお住まいだったケースです。 住宅に残された家財道具はどうする? 家賃はどうしたらいいの? 電気・ガスなどを止めないと! などなど、対応に苦慮することがあります。 まず、被相続人が死亡したとしても、賃貸借契約は、死亡によって自動的に終了するものではあり…
相続放棄と葬儀費用

葬儀費用・お香典と相続放棄

故人が残した財産から、葬儀費用・仏壇・墓石などの費用を支払うことは、相続財産の処分にあたるのでしょうか? 葬儀費用 妥当な額の葬儀費用を相続財産から支払うことは、相続財産の処分にあたりません! つまり、相続放棄をするつもりでも、相続財産で葬儀代金を支払うことは大丈夫です。 ただ、【妥当な額の葬儀費用】であることが条件と…
形見分け

形見分けは単純承認にあたるか?

相続放棄が出来なくなる理由、【法定単純承認】の具体例。 形見分けについて。 形見分けは単純承認にあたらないとされた例 【東京高裁決定 昭和37.7.19】 相続人が、交換価値を失う程度に着古したボロの上着とズボン各1着を第三者を与えた場合、一般的経済価値があるものの処分にはあたらない。 【山口地裁 徳山支部判 昭和40…
Return Top