相続手続

特別代理人選任申立て

特別代理人とは

相続が開始し、遺産分割協議を行う場合、共同相続人の中に未成年者が含まれる場合には、その未成年者のために「特別代理人」を選任し、その特別代理人が未成年者に代わって、遺産分割協議に参加する必要があります。

通常、未成年者を代理するのは親権者です。

しかし、遺産分割協議の場合、「誰かの取り分を増やすこと=誰かの取り分が減ること」になります。
特別代理人イメージ
親権者の取り分が増えれば、その子供の取り分が減る、すなわち、両者の間に利害の対立がある場面を「利益相反」(りえきそうはん)といい、このような場合には、親権者が子供を代理することはできないのです。

この「利益相反」は、形式的に判断されるため、実際には子供の取り分を増やす場合であっても、遺産分割協議を行うには、特別代理人の選任が必要になります。

同じような場面として、「相続放棄」でも「利益相反」は発生し、子供だけが相続放棄を行い、親権者が相続することは「利益相反」行為であり、「特別代理人」の選任が必要になります。

特別代理人選任手続

特別代理人の選任は、子供の住所地を管轄する家庭裁判所へ、以下の書類等を揃え申立てを行います。

  • 収入印紙800円・郵便切手(指定分)
  • 未成年者の戸籍謄本(全部事項証明書)
  • 親権者又は未成年後見人の戸籍謄本(全部事項証明書)
  • 特別代理人候補者の住民票又は戸籍附票
  • 利益相反に関する資料(遺産分割協議書案,契約書案・被担保物件の登記事項証明書等)

 

特別代理人選任申立て
3万円(税別)

※上記は、特別代理人選任申立て事件を単独で依頼された場合の料金であり、相続登記等、他の手続とあわせてご依頼の場合には、割引料金が適用されます。

  • 利益相反に関する資料(遺産分割協議書)の作成費は含みません。
  • 特別代理人1名あたりの料金です。

詳しくはお気軽にお問合せ下さい。

相続対策・相続後の手続のことなら

mail320

Return Top