成年後見

後見・保佐・補助の違い

後見・保佐・補助の違い

成年後見制度は、

ご本人の判断能力はどのぐらいか
第三者のサポートがどのくらい必要か

の程度によって、後見・保佐・補助の3つの類型に分類されます。

後 見
判断能力がゼロまたはゼロに近い状態
保 佐
一応の判断能力はあるが、一般の人よりはかなり劣っている状態。
補 助
 判断能力に少し不安を感じることがでてきたような状態。

後見・保佐・補助の類型は、医師の診断・鑑定を元に、裁判所によって決められ、類型に応じてそれぞれ、後見人・保佐人・補助人が選任されます。

後見人等が行うサポートの内容、権限(代理権・同意権・取消権)は類型によって違いがあります。

代理権とは

ご本人に代わって契約や手続きを行うことができる権限です。

代理権の範囲内の行為については、後見人等が判断し、ご本人に代わって契約等の行為を行います。

同意権・取消権とは

保佐・補助の申立てにあたっては、上記の「代わりにしてもらう行為」と、「一緒に考えてもらう方がいいな」と思う行為を選びます。

ある行為については代理権、ある行為については同意権・取消権と、ご本人の希望に沿って、権限が付与されます。

同意権が付与された行為については、保佐人・補助人に「一緒に考えてもらう必要がある」ので、同意を得ないでしてしまった行為を、取り消すことができます。つまり、同意権と取消権はセットになります。

取り消すことができるのはどんな行為?

同意権・取消権の対象となる行為は基本的に以下のとおり定められています。

法律に定める重要な行為(民法13条1項)

  1. 元本を領収し、又は利用すること。
  2. 借財又は保証をすること。
  3. 不動産その他重要な財産に関する権利の得喪を目的とする行為をすること。
  4. 訴訟行為をすること。
  5. 贈与、和解又は仲裁合意をすること。
  6. 相続の承認若しくは放棄又は遺産の分割をすること。
  7. 贈与の申込みを拒絶し、遺贈を放棄し、負担付贈与の申込みを承諾し、又は負担付遺贈を承認すること。
  8. 新築、改築、増築又は大修繕をすること。
  9. 第602条に定める期間を超える賃貸借をすること。

この部分については、非常に理解がむずかしいと思います。少し乱暴な説明になりますが、

後見
フルコース料理
1~9まで代理してもらう
保佐
コース料理の一部をグレードアップ
基本は1~9まで同意権だけど、○番と●番は代理権に
補助
単品料理をいくつか
○番と●番に代理権、◎番と×番は同意権

そのようなイメージです。

ワンポイント

実務上、私たちがお会いできる時間は限られていますので、こんな元気な方が後見相当?と感じることがありますし、その逆の場合もあります。

また、代理権・同意権の選択により、「後見に近い保佐」「補助に近い保佐」など、利用方法にも柔軟な部分もあります。
不安に思われている・後見制度の利用を検討している場合には、専門家への相談・医師の診断を受けてみることをお勧めします。

司法書士による【無料】相談受付中

  • 成年後見制度について相談したい方
  • なるべく費用を抑えて名義変更したい方
  • 親しみやすい司法書士をお探しの方

私達がお役に立てます。まずは、お気軽に無料相談を。

無料相談・お問い合わせはこちらから

Return Top