ブログ

律儀なのか?どうなのか?

成年後見と債務整理の話です。

私が去年の暮れに、補助人に就任した方。
就任後、間もないので完全には状況を把握出来ていません。

春先に、担当のケアマネージャーから連絡が。
「山本(仮名)さん宛に、凄い金額の督促状が届いたんですけど(@_@)」

送付して来た会社名を聞いてみると、名の通った債権回収会社。れっきとした登録サービサーです。

さらに金額を聞いてびっくり!もし本当ならば破産しかありません。

早速、督促状を確認してみると、元の債権者は銀行!で、どうもかなり昔に借りたもののようです。
ご本人さんは、記憶にない?ようです。

今回のケースでは、補助人の代理権として、「訴訟行為」らしいものが付与されていなかったので、きちんと聴き取り、説明の上、委任契約を締結。
債務整理の代理人として、債権調査。

調査結果は予定通り。最終返済日から25年。さすがに何回も債務名義は取ってないでしよう。

サラ金やサラ金系列のサービサーならいざ知らず、銀行系列のサービサーがこんなことせんでも。

時効援用通知発送です。

すると数日で、原契約書や代位弁済証書など債権証書一式が送られて来ました。

なかなか返して来ない所が多いなか、この辺りの対応は、律儀なんですね。

司法書士・行政書士 塚本 隆之

Return Top