建設業許可

建設業許可の実費・費用

建設業許可の実費・費用

建設業許可に関する費用と実費の解説です。

建設業許可申請の実費

許可申請の際に、窓口の役所に納める費用です。許可の種類によって、費用が異なります。

許可・申請区分 知事許可 大臣許可
一般 or 特定 一般 と 特定 一般 or 特定 一般 と 特定
新規 9万円 18万円 15万円 30万円
許可換え新規
般・特 新規
業種追加 5万円 10万円 5万円 10万円
更新

その他、建設業許可申請に必要な書類・添付資料を取得する費用が必要です。
例 登記事項証明書 500円(司法書士が取得した場合)、住民票300円など。

建設業許可申請代行費用・報酬

当事務所の代行手数料です。

法定費用 報酬(税別)
建設業許可(個人・新規・知事) 9万円 10万円
建設業許可(法人・新規・知事) 9万円 12万円
建設業許可申請(更新・知事) 5万円 6万円
建設業許可申請(業種追加) 5万円 7万円
各種変更届 2万円~
決算変更届 2万円

株式会社設立と建設業許可の同時申込みなら、報酬合計18万円(税別・実費別)

もちろん、司法書士・行政書士の総合事務所だから、すべておまかせでOK!

また、許可取得後の変更(役員・本店移転など)もすべておまかせでOKです。

建設業許可・会社登記のことなど、お気軽にお問い合わせ下さい。

会社の登記・許認可のことなら

mail320

Return Top