不動産登記

意思確認の旅

こんばんわ、司法書士の塚本です。

先日、不動産売買の当事者の意思確認のため、徳島県へ行ってきました。

司法書士の存在意義のひとつ「不動産取引の安全」のため。

当事者が、不動産の売買契約の内容を理解しているのかを確認します。もし認知症などで、判断能力が無い、または不十分であったりすると、契約自体が遡って無効になり、買主さんなど、不動産取引の関係者が大きな損害を受ける恐れがあります。

そのような、不安定な取引でないことを確認するため、司法書士が、

原則として、当事者と直接面談し、

その意思を確認させて頂きます。

事前に得ていた年齢などの情報から、かなり不安に思いながら赴きましたが、とても元気な様子で、受け答えもはっきりされており、無事、手続を進めることが出来ました。

せっかくの徳島、なので、帰り道、元祖?の徳島ラーメンを食べてみましたが・・・・
徳島ラーメン

しっかりとした濃い味で、猛烈に白ごはんが欲しくなるラーメン。

ダイエット中の私には、向いてませんでしたね。

Return Top