身近なトラブル

時効取得の裁判

時効取得の裁判

ある方からのご相談。 親から相続した土地と建物。 調べてみると、親のものじゃなかった!って話です。正確には、 お父さんのものだと思っていたのが、他人の名義のままだった。 お父さんが住み始めたのは、戦後まだ間もない昭和20年代。 昭和20年代に行われた不動産の取引を証明するのは非常に困難。 そこで、このようなケースでは、…
マンションイメージ

マンション管理費 回収費用

マンション管理費の回収を、弁護士、司法書士などの専門家へ依頼した場合、その費用も、相手に請求出来るのか? 答えは、請求出来るケースがあります。 訴訟費用と弁護士費用は違います まず、一般的な裁判では、本来的な請求に加え、訴訟費用を相手方に請求することが大半です。 「訴訟費用は被告の負担とする。」と、訴状に記載します。 …
裁判手続

執行官送達

裁判手続の話です。 裁判は、被告(訴えられる人)へ訴状が送達されなければ、手続が始まりません。 通常は、特別送達という郵便(書留郵便みたいなもの)で被告へ送られ(贈られ 😥 )ます。 でも、書留郵便なんて、留守・不在の際には、再配達の案内がポストに投函されるだけで、受け取りたくない人には、届けることができません。 そう…
身近なトラブル解決の費用

身近なトラブル解決の費用

当事務所でよくご依頼いただく手続に関する費用です。消費税は別途必要です。 ご不明な点などはお気軽にお問い合わせ下さい。 サービス残業・未払い残業代請求 簡易裁判所での訴訟代理、労働審判申立書作成等、サービス残業代の請求サポート。 着手金 30,000円~ 成功報酬 訴えの利益の8%~15% 訴訟実費・登記事項証明書・住…
Return Top