ブログ

相続手続が便利になってません!法定相続情報

今日は、相続の手続で、保険会社や、証券会社の窓口へ。


今回の相続は、兄弟姉妹の方が相続人になるケース。
つまり、戸籍がたくさん必要になるんです。
今回のケースでは、戸籍の附票まで全部あわせて22通(兄弟相続では少ない方ですが・・・)

ちなみに、これぐらいのボリューム感です。

これを窓口に提出する度に、コピーを取ってもらうんですが、まあ時間がかかります。
また、ホッチキス止めされている戸籍を勝手に外してしまったり(銀行によってはホッチキス外したらダメってとこもあるんです)で、たいへん。

今回は、数多くの金融機関に口座をお持ちの方だったので、今回は、法務省の肝いり(ゴリ押し?)の法定相続情報を取得して相続手続に行ってみました。

法定相続情報ならスッキリです。

上の写真の戸籍の束の情報が、法定相続情報ならこんなにシンプル。これ1枚で法定相続人の情報が証明されています。

で、窓口で、相続手続のために来たことを伝えると、

保険会社「戸籍の提出をお願い致します」って、

塚本「いえいえ、法定相続情報を準備して来たんで!」

保険会社「それでも、戸籍が必要となります」って

まあ、受け付ける側が、「使わない!」「使えない!」って言えば、それまでです。
(ナイショの話ですが、法定相続情報は、裁判所の手続でも使えません。(今のところ?))

結局、22通の戸籍のコピーを待ってる私がいました。

全然、便利になってません。

法務省さん、もう少し周知の方、頑張って下さいね。

Return Top