相続手続

相続手続き 5月から簡素化?

相続手続き 5月から簡素化?

昨日のニュースでしたっけ? 法務省が旗振り役となって、「法定相続情報証明制度」が今年の5月から始まるようです。 なんでも、相続登記が未了になっている不動産が増え、問題化しているので、その対策のようですが・・・ ヤフーのトピックでは、タイトルの通り、「相続手続き 5月から簡素化」となっていますが、本当に、簡素化されるので…
公正証書遺言

公正証書遺言ってカンペキ?

今日、ご相談にお越し頂いたお客様。帰り際に「ブログ読みましたよ」って・・・ いつも滞りがちなブログ。イタいところを突かれてしまいましたが、これもいい機会。 早速、更新しま~す。 このご相談者さんの仕事とは関係ないのですが、最近の相続の事案から・・・ 公正証書遺言でもマチガイはあります 「公正証書遺言」を遺されていた方が…
時効取得の裁判

時効取得の裁判

ある方からのご相談。 親から相続した土地と建物。 調べてみると、親のものじゃなかった!って話です。正確には、 お父さんのものだと思っていたのが、他人の名義のままだった。 お父さんが住み始めたのは、戦後まだ間もない昭和20年代。 昭和20年代に行われた不動産の取引を証明するのは非常に困難。 そこで、このようなケースでは、…
師走になりました。

師走になりました。

ここのところ、ありがたいことに、業務に忙殺され、ホームページがなかなか更新できておりません。 「サボってるやん」との指摘もありましたので、近況報告を兼ねて久しぶりに更新します。 最近は、相も変わらず、相続、債務整理、会社設立、不動産売買に成年後見、さらに介護事業の許可など、幅広いご依頼をこなしております。 これらのお仕…
回り道

相続登記を先延ばしして失敗した3つの事例

不動産を所有されていた方が亡くなったら 「名義変更は、死亡後◎ヵ月以内に行わなくてはならない。」 ◎に入る数字はいくつでしょうか?実は、このような法律・規則はありません。 つまり、いつまでも故人の名義のままで構わないのです。相続人の誰かが固定資産税さえ支払っていれば、何のお咎めもありません。そのため、相続不動産の名義変…
相続税・贈与税の改正②

相続税・贈与税の改正②

本年から相続税・贈与税が改正されています。 前回は、主に相続税の改正に関する解説でしたが、今回は贈与税について。 贈与税の改正ポイント 贈与税について 親子間での贈与の特例を新設 高額な贈与の税率の変更 相続時精算課税制度の範囲を拡大 昨年までは、親子間であろうと、他人どうしであろうと、贈与税に関しては何の区別もありま…
Return Top