ブログ

離婚・財産分与で不動産の名義変更 | ローンの名義まで変更した事例

こんばんは、司法書士の塚本です。

今回のお話しは、結婚の際に、夫婦共有名義、ローンは夫名義で自宅不動産を購入したけど、離婚することになったので、名義変更をお願いします!って事案。
財産分与
今回のケースでは、不動産の所有名義だけではなく、ローンの名義についても、夫から奥さんへ変更することが出来ました。

離婚の合意 + 財産分与の合意

裁判所で、調停や審判を経て離婚した場合には、裁判所の手続の中で慰謝料や財産分与についても決められるので問題ありません。

しかし、協議離婚の場合には、離婚することだけではなく、何をどれぐらい財産分与の対象とするかを、当事者間(夫婦間)で話し合って決めなくてはいけません。

不動産を共有名義にしているのであれば、離婚の際に解消しておく、つまり、どちらかの単独所有名義に変更した方がいいでしょう。

また、不動産を購入された際に住宅ローンを利用した場合、完済できればいいでしょうが、完済できない場合には、ローンの名義も変更しておいた方が安心です。

所有名義の変更は可能!

夫名義を奥さん名義にへ、夫婦共有名義を奥さん名義へ、このような所有権についての変更は、ご夫婦間で話し合いがまとまれば、それでOK。

名義変更手続としては、不動産を手放す方と不動産を取得する方の合意、手続への協力があれば可能です。

ただし、そこで問題になるのが、ローン中の不動産の場合。

ローン中の不動産の場合に、ローンの契約の中で、「勝手に名義変更してはいけない」と決めれらていることが大半。つまり、ローンを借りている銀行、金融機関に黙って、不動産の名義を変えてしまうと、契約違反になってしまいます。

とはいえ、離婚するのでローンの名義を変えて欲しいと金融機関に相談しても、承諾を得られるかどうかは・・・・ケースバイケース。

ダメもとで相談!って、ダメな時には離婚の事実がバレることになる訳で、そう簡単な話ではありません。

今回のご依頼者さんは、銀行に相談してダメなら、親族などから返済資金をかき集めて完済してしまおうって作戦で、銀行に相談したみたところ、あっさりOKしてもらったようです。

ちなみに、承諾してくれたのは、旧住宅金融公庫、現在の住宅金融支援機構さんでした。

免責的債務引受契約

ローンの名義を変更する、つまり「借金を肩代わり」する訳です。このようなケースでは「免責的債務引受契約」といいます。

現在、夫が負っている金融機関への返済義務を、夫に代わって妻が引き受ける契約。

もともとのローンの契約上の債務者(返済する人)を夫から妻へ変更します。こうしておけば、夫がローンを返さなくなるかも?なんて不安からは解消されます。

この免責的債務引受契約には、契約当事者である、夫と妻の合意、そして、債権者である金融機関の承諾が必要。

今回のケースでは、ご夫婦間で免責的債務引受契約証書を作成し、金融機関へ差し入れ、ローンの変更に関する書類が交付されるって流れでした。

離婚による名義変更登記の内容は?

今回のケースで必要となった手続は、

  1. 離婚前から家を出て行っていた夫の住所変更登記
  2. 夫の持分を妻へ移転する持分移転登記
  3. 住宅ローンの債務者を夫から妻へ変更する抵当権変更登記

の3件。1の住所変更登記は要らないケースもありますし、妻の氏が変わっていて追加が必要なケースなども想定されます。一概には言えませんが、ざっくり、5~8万円前後の報酬になります。

その他、名義変更する不動産の価格に応じた登録免許税等も掛かりますし、不動産取得税も掛かるかもしれませんので、注意が必要です。

このような問題に直面されていると、経済的にも精神的にも何かとご負担で大変だと思います。少しでも参考になれば幸いです。

その他参考記事 財産分与で不動産の名義変更!準備と流れ 

Return Top