相続の基礎知識

遺言執行者イメージ

遺言執行者

被相続人亡きあと、その代理人として、遺言の内容を忠実に実現するため、様々な手続を行う、それが遺言執行者です。 法律上は相続人全員の代理人という立場ですが、相続人から独立した中立の立場で遺言を執行します。 遺言執行者が必要な場合 相続人が1人しかいないとき 遺言で遺産分割を禁止したとき など、遺言執行者が必要ないと思われ…
遺留分

遺留分

誰でも、自分の財産は自由に使うことが出来る。それが大原則です。 生前に贈与したり、遺言で相続分を指定したり、第三者に遺贈・寄付することも自由に行うことが出来ます。 しかし、いくら自由だからといって、その処分行為によって、その方に非常に近しい方の生活にまで著しい不利益が生じることが無いように、一定の範囲の相続人には、一定…
贈与税

贈与税について

贈与税の計算方法は、まず、その年の1月1日から12月31日までの1年間に贈与によりもらった財産の価額を合計し、続いて、その合計額から基礎控除額として110万円を差し引きます。その金額が基礎控除後の課税価格となり、基準になります。 次に、基礎控除後の課税価格に真ん中の欄の税率を乗じたあと、一番右の欄の控除額を差し引いて、…
数次相続|相続が重なったケース1

数次相続|相続が重なったケース1

数次相続とは、相続が数回に渡って発生している状況のことを言います。 同じように代襲相続も、相続が数回発生した状況です。 数次相続と代襲相続、その違いは相続発生のタイミングの違いです。 通常の相続 左記のような家系図のような家庭で、相続が起こった場合について解説します。 真ん中のお父さん(グレーの丸い背景)が亡くなった場…
代襲相続|相続が重なったケース2

代襲相続|相続が重なったケース2

代襲相続とは、祖父母・親・孫と3代での相続で、お亡くなりになるタイミングの違いによる不公平を是正するための制度です。 法律では、次のように規定されています。 民法第887条 被相続人の子は、相続人となる。 被相続人の子が、相続の開始以前に死亡したとき、又は第891条の規定に該当し、若しくは廃除によって、その相続権を失っ…
家族

相続人

相続に際して、「誰に」「どれだけの権利があるのか」、それらはそれぞれ、「相続人」「相続分」といい、どちらも法律で定められています。 相続人 相続人となる優先順位は、まず配偶者(夫・妻)がいる、つまり 婚姻中に相続が発生した場合には、配偶者が最優先、常に相続人となります。 次に配偶者以外の相続人の優先順位は、 子・孫(直…
Return Top