相続手続

相続に関する裁判書類作成・申立て

「相続」に関する手続の中には、裁判所に申立てを行う手続が数多くあります。
代表的なものは、次のような手続です。

借金等、相続したくないとき 相続放棄申述
自筆証書遺言が見つかったとき 遺言の検認申立
遺産分割の話合いがまとまらないとき 遺産分割調停申立
遺留分を返してもらいたいとき 遺留分減殺請求申立
相続人に未成年者がいるとき 特別代理人選任申立
相続人に行方のわからない方がいるとき 不在者財産管理人選任申立
相続人がいないとき 相続財産管理人選任
遺言執行者が指定されていない・死亡したときなど 遺言執行者選任申立て

相続関係の裁判書類作成にも完全対応

これら相続に関する家庭裁判所への申立て手続も、司法書士事務所だから完全対応。

わざわざ別の専門家に依頼する・面談する必要はなし。ご依頼者様の「時間」「手間」「費用」のご負担も最小限に抑えます。

弁護士・司法書士でないものが、裁判所に提出する書類の作成・相談等の業務を行うことは法律で禁じられています。違法な業者には、くれぐれもご注意ください。
Return Top