税金

不動産取引の立会い

今年の贈与、今年のうちに!

師走になりました。司法書士の塚本です。 今日は冬本番、とても寒かったですが、軽装備でチャリンコで三ノ宮を疾走してました。 この時期、よく頂くご依頼が、贈与の登記。それも持分の贈与。 贈与税の年間非課税枠110万円を利用して、何年かに分けて贈与すると、一度で贈与をするより、贈与税の負担が軽くなります。 暦年贈与?連年贈与…
不動産取得税の計算

家を買ったら不動産取得税

気が付けば長らく更新をサボっておりました。すいません。 今日頂いた質問からの事例紹介です。 事例は、古家付きの土地の購入後、古い家を解体し、マイホームを新築するケースの不動産取得税について。 ※ 大豪邸は含みません。ごく一般のマイホームのケースの紹介ですので。 不動産取得税は実質不要 マイホームの購入・新築、人生の一大…
ローン中の不動産名義変更

建物の新築年月日で税金にえらい差がでます。

懇意にして頂いている不動産会社からマンションを購入される方のお見積りのご依頼。 いつもありがとうございます。 うちの事務所の登記報酬は、ほぼワンプライス。見積もりといっても、登録免許税と不動産取得税の計算が主な業務です。 「金持ちやから多めに取っといて!」 など、よそでよくある余分な味付け作業は一切ありません!それでは…
不動産売却

相続不動産は早く売った方が得?

3月末、年度末にかけて、たくさんのご依頼を頂戴頂き、誠に有難う御座いました。新しい出会いも多く、感謝、感謝です。 4月に入り、ようやく落ち着きましたので、お礼も含めご挨拶です。 司法書士としては、年度替わりで気になるのが税法の改正。 特例措置の延長や、廃止、変更など、業務に関する税法の改正がこの季節の風物詩です。 が、…
贈与税計算機

贈与税の計算機(平成27年改正対応)

平成27年の贈与税改正に対応した暦年贈与の贈与税額の簡易計算機。 相続時精算課税制度の利用や、夫婦間贈与などの特例には対応しておりません。 ブラウザによっては正常に動作しない場合があります。 計算結果は確定的な税額を保証するものでは御座いません。 平成27年以降の贈与税額表 贈与額と適用税率、控除額は以下の通りです。 …
相続税・贈与税の改正②

相続税・贈与税の改正②

本年から相続税・贈与税が改正されています。 前回は、主に相続税の改正に関する解説でしたが、今回は贈与税について。 贈与税の改正ポイント 贈与税について 親子間での贈与の特例を新設 高額な贈与の税率の変更 相続時精算課税制度の範囲を拡大 昨年までは、親子間であろうと、他人どうしであろうと、贈与税に関しては何の区別もありま…
Return Top